• ロゴタイトルが未設定です
  • ロゴ下部タイトルが未設定です
  • H1タグが設定されていません

    トップページ
    お気に入りに追加
      

    抗精神病剤とその歴史、そして種類の分類について認識しておこう

    今ではさまざまな心の不安などに対して「個人輸入代行業者」を通し薬剤を購入できる時代になりました。
    手軽に購入ができますし、手間というものも感じずに済みますので快適な治療環境も整えていただきやすいでしょう。
    ここではその薬剤の1つである「抗精神病剤」について見ていきましょう。
    いったい、どのような薬剤なのでしょうか。

    主として使われるケースなどについて

    統合失調症に用いられる薬剤が抗精神病剤になります。
    別名、メジャートランキライザーなどと呼ばれることもあるでしょう。
    とはいえ、必ずしも統合失調症のみに使用するというわけではなく、症状や状態に合わせて取り入れるということもあるでしょう。
    実際に、医療現場においてもさまざまな形で取り入れられている薬剤でもあるのです。

    抗精神病剤の歴史について

    1950年代フランスとベルギーにて開発されました。
    そもそも、難病の治療薬を研究している段階から生まれたのが抗精神病剤なのです。
    当初は、大きな副作用があることが問題となっていたのですが、その後の研究と開発により、効果はそのままで副作用が少ないという薬がリリース沙汰のです。
    それが現在では、ドーパミン受容体とともにセロトニン需要になります。
    身体も遮断するセロトニンドーパミン受容体拮抗薬などもリリースされ、幅広く活用できるようになりました。

    フェノチアジン系抗精神病剤

    プチロフェノン系とともに「提携抗精神病剤」の中心となる薬剤です。
    脳のドーパミン受容体と結合してドーパミンの働きを抑え、幻覚や妄想などを良い状態に導くとともに鎮静作用などにも効果を発揮してくれます。

    ブチフロフェノン系抗精神病剤

    フェノチアジン系と同様に、ドーパミン受容体を遮断することで効果を発揮する薬剤です。
    幻覚や妄想に対する効果が高いといわれている薬剤ではありますが、鎮静作用というものについては緩やかな効果を発揮します。

    ベンザミド系抗精神病剤

    消化性潰瘍の治療薬としても用いられている「スルピリド」などが代表的な薬剤となっています。
    幻覚や妄想などにも効果を発揮してくれますが、うつ状態の改善にも効果が高いといわれています。
    また、副作用も少なく取り入れやすい薬剤であるともいわれているのです。

    セロトニン・ドーパミン拮抗薬

    ドーパミンばかりではなく、セロトニンの受容体を遮断することによって効果を発揮する薬剤となっています。
    社団作用ですが、ドーパミンよりもセロトニンに対する働きが中心となっています。
    このことから、副作用を軽減させるばかりではなく、感情が平板化してしまうなどという陰性症状にも効果を発揮するものといわれています。

    そのほかの抗精神病剤について

    カルピブラミンなどは、幻覚や妄想に対する作用はさほど強いものではありませんが、無気力状態を改善するなどという作用が期待できるでしょう。
    チェピン系には、ドーパミン社団作用とともに中枢性のセロトニン社団作用がありますので、陽性症状・陰性症状どちらにも効果を発揮してくれるのです。

    さまざまな種類の抗精神病剤がある

    今回は、抗精神病剤とは?という部分といくつかの種類に分類していきました。
    自らにあった薬剤を選びとりいれていくことで、心も安定してくるかと思いますので、まずはその種類についての知識を持っておくと良いかと思います。
    また、今では薬剤解説のインターネットサイトなどもありますので、アクセスをしてみるというのもおすすめとなっています。