• 抗精神病薬の歴史と種類、作用について知っておこう!
  • 個人輸入代行業者の登場によってより自分に合った治療方法の選択ができるようになりました。しかし抗精神病薬は種類が多く、一体どれ選べば良いか迷う人も多いでしょう。抗精神病薬の歴史と一緒に詳しく説明しているので良かったら参考にして下さいね。
  • 抗精神病剤を使用することがもっとも多い「統合失調症」について知る

    トップページ
    お気に入りに追加

    抗精神病剤を使用することがもっとも多い「統合失調症」について知る

    抗精神病剤を使用する代表的な病名として「統合失調症」という病気があります。
    その名前だけでもご存知だという方もいらっしゃるかもしれません。
    今回は、統合失調症とはどのような症状が現れるのかなどという部分を中心に見ていきたいと思います。

    統合失調症とは

    以前においては「精神分裂病」と呼ばれていましたが、名称が変更されました。
    比較的に、罹患する頻度が高い病気であるともいわれているのです。
    代表的な症状については、幻覚や妄想などがあるでしょう。
    それにともない、感覚や思考・行動が病気のために振り返ることが難しくなってしまうというケースもあるでしょう。

    発症年齢などについて

    どなたにでも罹患する可能性はありますが、多い年代というものもあるのです。
    思春期から青年期という10代後半から30代にわたって発祥することが多いともいわれています。
    再発をしてしまうというケースもまたありますので、継続的に治療をしていくことが求められることが多いでしょう。

    早期治療と早期発見

    統合失調症の場合、早期治療と早期発見が大切であるといわれています。
    ストレスを感じたり小さな心の不調程度では「我慢をしなくては」と思う方も多く、結果としてそれが重症化に拍車をかけてしまうということもあるでしょう。
    もし、心身に不調を感じたら無理をせずに、改めて自らの症状を振り返り投薬などを上手に利用して改善を目指していくのが良いでしょう。

    個人輸入で抗精神病剤を取り入れる

    抗精神病剤も今では個人輸入で購入できるようになりました。
    ジェネリック医薬品なども購入可能ですから、金額的な負担も軽く済みます。
    継続的な治療が求められる統合失調症ですから、負担が軽いというのは大きなメリットとなってくれることでしょう。