• 抗精神病薬の歴史と種類、作用について知っておこう!
  • 個人輸入代行業者の登場によってより自分に合った治療方法の選択ができるようになりました。しかし抗精神病薬は種類が多く、一体どれ選べば良いか迷う人も多いでしょう。抗精神病薬の歴史と一緒に詳しく説明しているので良かったら参考にして下さいね。
  • 神経症にはさまざまな種類があり、症状によって抗精神病剤を用いる

    トップページ
    お気に入りに追加

    神経症にはさまざまな種類があり、症状によって抗精神病剤を用いる

    皆さんは「神経症」という疾患をご存知でしょうか。
    イメージとして総称のようなものがあるかもしれません。
    この神経症ですが、抗精神病剤を使用し治療するというケースもあるのです。
    そこで、改めて神経症について考えていきましょう。

    神経症とはどのような病気なのか

    皆さんもその名前をご存知のように、ストレスからくる心の病気としては代表的なものといえるでしょう。
    生活の中でストレスを感じるということは誰にでもあるものです。
    ですから、誰にでも神経症になってしまう可能性がある病気であるともいえるでしょう。
    近年では神経症以外にも「不安障害」などという呼び方をすることもあるでしょう。

    ストレスと神経症

    先にも触れましたが、神経症はストレスと大きな係わり合いがあります。
    社会にうまく適応できない葛藤から、さまざまな症状が心身にみられることがあります。
    ストレスに弱いという性格の方は特に、ナーバスなストレスでも神経使用に陥ってしまう可能性もあるのです。
    特に、内向的・理知時・過敏症的・感受性が強いなどという人は罹患率が高いともいわれているのです。

    神経症の種類

    神経症の種類としては、パニック障害・不安神経症・解離性障害・強迫神経症・社会不安障害・抑うつ神経使用などさまざまな種類があるのです。

    抗精神病剤と神経症

    こうした神経症にも症状にあわせて抗精神病剤を用いることがあります。
    用法と用量を守っていただくことによって安心して状態を改善させることもできるでしょう。

    神経症と向き合う

    自分ばかりがストレスを感じているのではないかなどと思うこともあるかもしれません。
    心が弱い状態にあせりを感じることもあるかもしれません。
    しかし、まずは自分にあった薬を選びじっくりと取り組む意識を持つようにしましょう。