• 抗精神病薬の歴史と種類、作用について知っておこう!
  • 個人輸入代行業者の登場によってより自分に合った治療方法の選択ができるようになりました。しかし抗精神病薬は種類が多く、一体どれ選べば良いか迷う人も多いでしょう。抗精神病薬の歴史と一緒に詳しく説明しているので良かったら参考にして下さいね。
  • 心の病と抗精神病剤を服用するということについて考える

    トップページ
    お気に入りに追加

    心の病と抗精神病剤を服用するということについて考える

    心に不調が現れる・ストレスから身体にまで影響が及んでしまう。
    そのような方もいらっしゃるのではないでしょうか。
    今では、ストレス社会と言われるように先のような症状を自覚しているという方も多くいらっしゃるのです。
    そして抗精神病剤を使用するというケースもあるでしょう。

    抗精神病剤と心の状態

    中にはろ不調が現れても「我慢をする」という方も多いようです。
    それは、薬剤に頼ることが「甘え」のように感じるという場合や、精神的なことに対する薬剤を服用することが恥ずかしいと感じるという場合などさまざまなようです。
    しかしながら、甘えでも恥ずかしいことでもいっさいないのです。
    身体の不調があれば投薬をするように、心の不調においても投薬をすることは「当たり前の対処」ともいえるのです。

    抗精神病剤について

    抗精神病剤はさまざまな症状に対して使用されている薬剤です。
    医療機関などでも処方されているものとなっています。
    鎮痛剤のような作用ではありませんから「1度服用すれば効果が出る」というものではなく、ある程度継続的に服用していただくことで作用していくものとなっています。
    ですから、まずは1ヶ月ほど服用するということが多いでしょう。

    副作用について

    口が渇く・眠気・吐き気などさまざまな副作用可能性はあります。
    服用中にひどい副作用を感じるということがあれば、一度服用を中止すると良いでしょう。
    状態が悪化したと感じたら、医療機関を受診されることをおすすめします。

    自分自身で対処をする

    個人輸入代行業者を取り入れると個人で抗精神病剤を購入できますし治療にも取り組めます。
    どうしても不安がある・はっきりとした病名を知りたいという方においては、1回、精神科ないしは心療内科を受診し診断を仰いで見るのもよいでしょう。